札幌東高等学校19期3年7組の情報交換ブログです。 坂さんと朋輩と共に、燦々とした輝きが明日も続きますように。
今年もよろしくお願いします
新型コロナウイルスに思う②

新型コロナウイルスに思う①

世界的に猛威をふるう、新型コロナウイルス。

インフルエンザ以下の死亡率にかかわらず、治療方法が見つからないためか、日本をはじめ世界中を恐怖のどん底に落とし入れ、経済も文化も大きな影響を受け、このまま世界を一変させる事態になりそうです。

 昨今の諸対応の基本は3蜜(密閉、密集、密接)の回避で自分も他人にもある感染リスクを回避するとのこと。 外に出ないで家にひたすら篭ることが不可欠ですね。

私は、中国で発生したころから長期戦を確信、覚悟しました。

なによりも、物流に関わる人が罹患した場合には、「スーパーから物が無くなる。」ということを前提に、生き残るため、我が家の備蓄品を総点検しました。

私の住んでいる北海道は2018年9月に発生した「北海道胆振東部地震」があり当時の備蓄は、1週間持ち堪えるべく揃えていました。 おかげで、スーパーの長蛇の列に参戦することなく、無事復旧まで2日間不安無く過ごしました。近くに住む子供たちを呼んで、ローソクの灯りでの食事の記憶が蘇りました。

 ということで、これからの長期戦。とりあえず半年、6ケ月3家族6人の食糧を確保します。

1.バランスいい食のために、米は玄米の真空パック5Kg 4袋、無洗米5Kg 2袋 計30Kg

  試食の結果、歯応えと独特の旨味が白米以上の満足を得られました。

  炊飯時間が少々伸びるくらいです。

2.長期保存が不可欠な備蓄品には缶詰ですが、主にさんまなどの魚が添加物が無くて可。

  肉でいくと、かなりの添加物が入っています。

  そこで、米軍が日本に持ち込んだ「SPAM」豚肉の缶詰ですが、発色剤の「亜硝酸Na」だけの

  添加物。 保存期間も4年と備蓄品としては秀逸です。

  我が家は、24缶入り3ケースを備蓄しました。 1缶 340gで4人で一人85gであれば

  非常食としては満足できます。

 

  

ちなみに、スーパーでは500円台、Amazonでは送料コミで480円。これも選択条件。

新型コロナウイルス対策の備蓄品パート1 次は野菜について選択結果をお知らせします。

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)